初の大学入学共通テスト開始 53.5万人、浪人生は減

伊藤和行
[PR]

 初めての大学入学共通テストが16日、全国で一斉に始まった。新型コロナウイルス対応の緊急事態宣言が11都府県に出されるなか、約53万5千人が厳しい感染防止策が取られた会場で試験に臨む。

 初日は地理歴史、公民、国語、外国語(英語など)のテストがある。大学入試センターによると、志願者は53万5245人で、昨年度の大学入試センター試験より2万2454人(4・0%)減った。このうち今春卒業見込みの現役生は44万9795人で昨年度比0・5%の減、浪人生は8万1007人で同19・3%の減だった。浪人生が大幅に減ったのは、昨年度の現役生が、新しい共通テストを避けてセンター試験を受ける傾向にあったためとみられている。全体の卒業見込み者に占める共通テスト志願者の割合(現役志願率)は44・3%だった。

 本試験の日程は、16、17日の第1日程と、2週間後の30、31日の第2日程が設けられている。第2は昨春以降の長期休校で授業が遅れた現役生が選択でき、内訳は第1が53万4527人、第2は718人。第2は体調不良や病気などを理由に第1を受けられない受験生の追試を兼ねている。

 共通テストを利用する大学・専門職大学・短期大学は計866大学で、昨年度より8大学増えて過去最多となった。このうち大学の新制度で2019年度以降に開設された専門職大学は、公私立の5大学が初めて利用する。(伊藤和行)

大学入試センター試験大学入学共通テスト 特徴は

大学入試センター試験(1990~2020年)/大学入学共通テスト(2021年~)

問題内容 「良質」と評価の一方、「知識偏重」の批判も/「思考力・判断力・表現力」を重視

問題形式 すべてマークシート式/すべてマークシート式(国語と数学の記述式問題導入見送り)

英語 「筆記」、06年から「リスニング」追加/「リーディング」「リスニング」(民間試験活用見送り)

   「リスニング」の読み上げは2回/「リスニング」6問のうち4問は読み上げ1回