[PR]

 第14回朝日杯将棋オープン戦(朝日新聞社主催)の本戦公開対局が16日、名古屋市熱田区の名古屋国際会議場で始まり、渡辺明名人(36)=棋王・王将と合わせ三冠=が1、2回戦に勝って4強進出を決めた。

 午前に1回戦2局が指され、渡辺名人は野月浩貴八段(47)に128手で、永瀬拓矢王座(28)が佐藤紳哉七段(43)に99手で勝った。渡辺名人と永瀬王座の対戦は、現在進行中の王将戦七番勝負と同じカード。午後2時に始まった2回戦は、開始からわずか9分で62手まで進む速い展開となり、中盤でリードを奪った渡辺名人が129手で押し切った。渡辺名人は「朝日杯でベスト4は2年ぶり。前回は藤井二冠に決勝で負けて準優勝だったので、今回は優勝をめざして頑張っていきたい」と話した。

 朝日杯は持ち時間各40分で、使い切ると1手1分未満で指す早指し戦。本戦のトーナメントには16人が出場し、そのうち8人が16、17の両日に名古屋で対局する。17日午前には藤井聡太二冠(18)と大石直嗣七段(31)、豊島将之竜王(30)=叡王と合わせ二冠=と飯島栄治七段(41)が対戦する。勝った2人が4強入りをかけて午後に戦う。

 藤井二冠は「(16日は)自宅で観戦していた。渡辺名人が持ち時間の使い方も含めて巧みな指し回しだったと思う。朝日杯は持ち時間が比較的短く、決断よく指す必要があるかなと思うので、しっかり集中して指せるようにしたい」と意気込みを語った。

 棋譜と大盤解説会の模様は朝日新聞デジタル(https://digital.asahi.com/shougi/asahicup_live/)で、対局の模様はインターネットテレビABEMAで見られる。(村上耕司)