執着心・万能性・アイデア… 引退ルーニーを支えたもの

有料会員記事

編集委員・潮智史
[PR]

 サッカーのイングランド代表やマンチェスター・ユナイテッドで活躍したFWウェイン・ルーニー(35)が15日、引退を発表した。同日、選手兼コーチとして昨年1月に加入していたイングランド2部ダービーの監督に就任した。

 引退と聞いて、まだ35歳だった年齢に驚く。16歳でのプレミアリーグデビュー以来、リーグやイングランド代表で数々の数字を書き換えた。もっと長くプレーしたような錯覚を持つのは、その足跡が濃密だったからだろう。

 じっくりとプレーを見たのはポルトガルで開催された2004年欧州選手権。当時18歳だったルーニーにとって、A代表で初めての大舞台だった。不運なけがもあってチームは8強止まりだったが、大会最年少得点を記録するなど強烈な印象を残した。以降、代表に欠かせない選手になった。

 176センチのずんぐりとし…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら