[PR]

 市民団体「玄海原発プルサーマルと全基をみんなで止める裁判の会」(石丸初美代表)は昨年12月23日、九州電力玄海原発(玄海町)の稼働中止などを求める要請・質問書を山口祥義知事宛てに出した。関西電力大飯原発3、4号機(福井県)の設置許可取り消しを命じた大阪地裁判決を受けた。

 判決は、原発の耐震設計の根幹となる基準地震動の審査を問題視。原子力規制委員会が揺れを決める計算式をめぐり、内規で「ばらつきも考慮する必要がある」としているが、考慮していないため違法だと判断した。

 要請・質問書は「玄海原発でもばらつきは考慮されておらず、違法状態」とした上で、「県が後ろ盾としてきた国の判断が誤りという判決を重く受け止めてほしい」。さらに玄海原発の稼働中止や基準地震動の見直しなどを国や九州電力に要求するよう求めた。また判決を受けてどのような対応をしたのか、県に早急な回答を求めている。書類を受けとった原子力安全対策課の担当者は「後日、書面で回答する」と話した。(松岡大将)

関連ニュース