[PR]

 大学入学共通テストの会場となった島根県隠岐の島町の県立隠岐高校で16日午後5時45分ごろ、英語のリスニング試験中に停電が発生し、試験が中断された。受験生42人が、試験を途中からやり直す「再開テスト」を受けた。

 会場を運営した島根大入試企画課によると、同町内ではこの時刻に約25分間、停電が起きた。この影響で、教室のすべての照明が消えたため、暗くて受験生が解答できないとして直後に中断を決めた。復旧後の午後7時45分から再開テストをした。(花房吾早子)