[PR]

 「八幡山ロックダウン」。新型コロナウイルス感染防止のため、明治大ラグビー部が打ち出した対策は1月3日に終わった。

 部員96人は練習を本格再開した昨夏から約半年間、全員が住む寮や練習場がある東京・八幡山周辺から「原則外出しない」というルールを守り切った。田中澄憲監督は「学生に我慢を強いた。よく感染者を出さず、重圧と戦いながら頑張ってくれた」と感謝した。

 でも、我慢ばかりではなかった。

 部員は寮で料理をして、ゲームをして、たくさんの試合映像を見た。例年なら仲のいい者同士で飲みに行っていた試合後も、部屋で語り合った。主務の松下忠樹は言う。

 「例年より対話は多かったと思う。自主性が育まれたし、自分たちがなぜラグビーをやっているのかを考えられた」

 2日の準決勝、天理大戦。終盤…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら