第12回橋本行革エリートたちが夢見た官邸主導 いま「爛熟だ」

有料会員記事

【動画】安倍政権とはなんだったのか――。7年8カ月に及ぶ「最長政権」の権力の源泉が、人事権をフル活用した官僚の統治でした。その内幕を長期連載でひもときます。
[PR]

 1990年代後半の橋本政権。30代半ばのエース官僚たちが官邸に集められ、省庁再編、そして官邸強化に携わった。いまは各省の幹部となった彼らは、「1強官邸」をどうみるか。

「未完の最長政権」第1部第12回

 第2次安倍政権で局長など所属する省の幹部職を務めた男性は、感慨深げに言う。「安倍政権の官邸主導は、私たちがめざした改革の爛熟(らんじゅく)だ」。1997年12月に最終報告がなされた、官邸主導をめざす「橋本行革」に携わった。

 男性はある官庁で課長補佐を務めていたが、首相の橋本龍太郎が会長となる行政改革会議の事務局に出向。当時の官邸幹部による「将来を背負うであろう新進気鋭の若手をえりすぐってくれ。オールジャパンでやる」という号令の下に、各省から集められた仲間は、同世代の官僚たちだった。

 当時、事務局に集ったメンバーは、第2次安倍政権下で各省の幹部となった。厚生労働事務次官だった鈴木俊彦(厚生省)、国土交通審議官の藤井直樹(運輸省)、内閣府審議官だった羽深成樹(大蔵省)、原子力規制庁長官の荻野徹(警察庁)――らだ。

プレミアムA「未完の最長政権」

「1強」と呼ばれた安倍政権は、強い官邸をめざした改革の到達点だった。しかし、それは後手に回ったコロナ対応の遠因にもなった。安倍政権の内実に迫る長期連載です。

 橋本行革の最終報告は「内閣…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

連載未完の最長政権-安倍政権から菅政権へ(全19回)

この連載の一覧を見る