[PR]

地学基礎(第1日程)

初見の資料から科学的思考力を問う問題が複数出題された。平易な知識問題も出題され解答時間のバランスがとれていた。

―概評―

大問数は2019年度以前の3に戻ったが、地球分野以外からの出題が近年では最も多かった。問題文や図表の丁寧な読み取りを要する問題が増加した一方で、平易な知識問題も出題して全体の解答時間のバランスをとっていた。岩石分野の実験手法を問う問題が特徴的だった。

―センター試験・試行調査との相違点―

設問数、解答数は試行調査の14題ではなく、2020年度センター試験の15題になっていた。個々の資料の丁寧な分析を要する問題が増加した一方で、平易な知識問題も出題されていた。また、試行調査に見られたような分野横断的な出題はなかった。

【大問数・設問数・解答数】

3

15

15

【問題量】

前年のセンター試験と比較すると図表問題は減少したが、一つひとつの資料を丁寧に読み取る必要があり解答に時間を要する問題が複数ある。また、全体の文章量としては前年のセンター試験並みである。時間に対して適量と思われる。

【出題分野・出題内容】

地球・大気海洋・天文分野から出題された。

第1問では地球分野から、地震、地球の形、砕屑(さいせつ)物、岩石が出題された。

第2問では台風と高潮、地球温暖化という環境に関連した分野から出題された。台風の進路と風向は過去のセンター試験で頻出、試行調査でも出題された内容である。

第3問では宇宙分野から、Aは太陽と宇宙の進化の基礎知識、Bは天体の観測をもとに出題された。

【出題形式】

6択形式の問題が2題で、4択より多い問題が2題のみであった。また、複数の知識を組み合わせて解答する問題は4題であった。

―難易度(全体)―

前年度のセンター試験と比べても、試行調査と比べても、易化したと思われる。平易な知識、科学的思考力、資料分析力、知識の正確な理解を問う問題がバランス良く出題された。また、考察に時間を要する問題と平易な知識で正答できる問題の出題で全体の難易度のバランスも取られていた。

―設問別分析―

第1問

・小問 A 地震、地球の形 難易度:標準

・小問 B 砕屑物の流速と粒径、柱状図 難易度:やや難

・小問 C 岩石標本の特定、溶岩の冷却・性質 難易度:標準

Aの問1は昨年に続いて地震に関する基本的な問題である。問2の子午線長の緯度差に関する問題は、緯度に関する理解度で正答率に差が出るだろう。Bの問3は流速と砕屑物の粒径別の挙動に関する図の意味を理解していれば難しくない。問4は蛇行河川の移動に伴う地点Xにおける流速の変化を推測できるかが鍵である。Cは、問5の岩石標本を特定する実験手順を問う問題と、問7の溶岩の粘性を決める要因を特定する手順を問う問題が特徴的だった。問6は火成岩の冷却速度と岩石組織の関係を知っていれば平易である。

第2問

・小問 A 台風通過に伴う海面の変化 難易度:やや難

・小問 B 地球温暖化の仕組みと温室効果 難易度:標準

Aは台風による高潮について、気圧低下と強風による吹き寄せの2つの効果に分けてそれぞれの影響を天気図の等圧線分布から読み取る問題だった。問1は18時と21時の気圧差だけで正答できる。問2は等圧線の間隔と風向の両方を読み取る必要があり、やや時間を要する。Bの問3は雲による地球温暖化の抑制と促進の両方の効果は教科書には直接記載されてはいないが、空欄の前後の文脈から十分に推測できる。問4は温室効果がないときの放射平衡温度はやや細かい知識なので、他の選択肢の誤りから消去法で解答することになるだろう。

第3問

・小問 A 太陽の進化段階、宇宙の進化 難易度:易

・小問 B 天体の種類、天体の面積と見かけの等級 難易度:易

Aの問1は太陽の進化段階を問うた単純な知識問題である。問2は宇宙の形成初期の元素合成の時期がやや細かい知識問題である。Bの問3は天体の種類を画像から判断する問題で基礎的な知識問題である。問4は天体像の面積から見かけの等級を判断する問題で各図が読み取れれば難しい問題ではない。(代々木ゼミナール提供)