藤井二冠が4強、豊島竜王に公式戦初勝利 朝日杯将棋

村上耕司
[PR]

 第14回朝日杯将棋オープン戦・名古屋対局(主催・朝日新聞社、特別協賛・豊田自動織機豊田通商、協賛・東海東京証券松坂屋名古屋店)の2日目が17日、名古屋市熱田区名古屋国際会議場で指され、3度目の優勝を狙う藤井聡太二冠(18)が本戦1、2回戦を連勝し、4年連続で4強入りを果たした。

 本戦シードの藤井二冠は初戦となる1回戦で大石直嗣(ただし)七段(31)に132手で勝利。同じく1回戦で飯島栄治七段(41)を下した豊島将之竜王(30)=叡王と合わせ二冠=と2回戦で対戦した。豊島竜王にはこれまで公式戦で6戦全敗していた。豊島竜王の先手で角換わりの戦型に進み、ほぼ互角のまま難解な終盤戦に突入。最後はぎりぎり攻めをつなげた藤井二冠が94手で勝ち、対豊島戦で初勝利を挙げた。

 藤井二冠は「豊島竜王には過去、公式戦で勝ててなかったが、強い相手と対局できることは楽しいことなので、過去の成績は忘れて一生懸命に指そうと思っていた。最後まで際どくて、ずっと分からなかったが、自分なりに精いっぱい指せたので、よかったかなと思う」、豊島竜王は「残念な結果になったが、力は出せたかなと思う」と話した。

 本戦は予選を勝ち抜いた8人とシード8人の計16人がトーナメントで戦う。16日に行われた1、2回戦は、渡辺明名人(36)=棋王・王将と合わせ三冠=が勝ち上がり、4強入りした。藤井二冠は準決勝で渡辺名人と対戦する。藤井二冠は「渡辺名人は1、2回戦ともいい内容で勝たれていて、本当に手ごわい相手という印象ですが、またいい将棋が指せるように精いっぱい頑張りたい」と抱負を語った。

 4強の残り2人は21日、29日に決まる。準決勝と決勝は2月11日に東京都内で行われる予定。(村上耕司)