[PR]

皆さんの身近な困りごとや疑問をSNSで募集中。「#N4U」取材班が深掘りします。

 「町で唯一、入院病床のある診療所が危機に直面しています」。悩みや疑問をSNSで募る「#ニュース4U 取材班」に、京都府南丹市の美山地区の住民からそんな投稿が寄せられた。かやぶき屋根の民家で知られる美山を歩き、過疎地の医療の実情を見た。

 昨年11月上旬、美山地区の住民が南丹市役所を訪れた。同地区の最奥部から市役所までは、小型バスで片道1時間半かかる。

 美山診療所の入院ベッド(4床)と、併設の介護老人保健施設(定員15人)を3月で休止する市の方針へ反対するためだった。要望書を西村良平市長あてに提出し、「高齢者は死ねというのに等しい」と訴えた。

 山口サト子さん(64)の90歳の義母は一昨年、足を骨折した。診療所の医師の助言で大学病院で手術を受けた。退院後は診療所の老健に入所し、自宅へ戻れるまでに回復した。「命があるのは診療所のおかげ。縮小されたら助かる人も助からない」

 美山地区は福井、滋賀両県に接する山あいにある。面積は約340平方キロメートルと南丹市の55%を占める一方、人口は1割強の約3600人。47%が65歳以上と過疎、高齢化が進む。

#ニュース4Uの特集ページはこちらから
読者のみなさんから寄せられた身近な疑問を深掘り取材していきます。

 診療所は約20年前に旧美山町…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら