医師と妊娠中の妻を襲ったコロナ 忘れない二つの泣き声

有料会員記事新型コロナウイルス

ニューヨーク=藤原学思
[PR]

 ニューヨーク市に住む医師の久保田勝さん(50)は、2020年に聞いた二つの泣き声を、一生忘れないと思う。

 3月下旬、新型コロナウイルスの陽性反応が出た。医師として、じゅうぶんに気をつけていたつもりだった。感染経路はわからない。「結婚記念日に市内中心部の飲食店に行ったぐらい」。最初は風邪を引いたかのような倦怠(けんたい)感から始まった。だが、体温が39度近くまで上がった。せきも止まらない。

 勤務先の病院は、新型コロナ患者であふれていた。診察室が足りず、ストレッチャーのまま2時間、救急救命室前の廊下で待つ。入院を勧められた。怖かった。

 「死んでしまうかもしれない」。妻(36)に電話でそう告げた。妻は泣いて答えた。

 「私は大丈夫やから。入院して」

 これ以上話したら、2人とも号泣してしまいそうで、電話は10分ほどで切った。ほんとうは、大丈夫なんかじゃなかった。妻も発熱し、明らかな症状が出ていた。しかも、当時は妊娠中。臨月手前だった。

 初期に妊娠合併症で出血を経…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]