[PR]

 韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は18日午前、新年の記者会見を行った。日本政府に元慰安婦らへの賠償を命じた韓国の地裁判決について、「正直、困惑している」と言及。「(原告が)同意できる解決策を探すため、韓日間の協議を続ける」との考えを示した。

 文氏は2015年の日韓慰安婦合意に触れ、「韓国政府は、両国間の公式合意と認めている」と述べた。そのうえで、日韓合意に基づき、「今回の判決を受けたおばあさんたちが同意できる解決策を探すため、韓日間の協議を続けていく」と語った。

 文氏は、徴用工問題にも言及。裁判所が韓国内にある日本企業の資産を差し押さえ、売却して原告らの賠償に充てる「現金化」について、「韓日両国間の関係に望ましくない」と述べた。現金化に至る前に、「外交的な解決策を探すことが優先だ」と強調。ただ、解決策は「原告が同意できるものでなければならない」とも語った。

 また、文氏は、歴史問題が日韓関係全体に影響し、「他の分野の協力まで止めようとする態度は賢明ではない」との考えも示した。(ソウル=鈴木拓也)