[PR]

【教科】公民

【科目】現代社会

【アドバイス】

全分野を満遍なく学習し、弱点分野は早期に克服しよう!

 「現代社会」は、政経分野を中心に、環境・資源・人口、青年期、文化、社会など多様な分野から出題されています。比重の大きい政経分野において不得意項目や未学習項目を残すと、それがそのまま低得点につながってしまうことになります。それゆえ、早期に全分野を網羅することで、科目としての全体像をつかんでおくことが一つのポイントです。知識を万全にするためには、過去問研究による知識拡大が必要不可欠です。徹底した過去問演習を通して未知の事項をノートなどに整理し、用語集や資料集を活用して、自分で調べながら習得していくといった学習を継続して行いましょう。思考力・判断力に加え、読解力が必要な問題への対策としては、過去問に加えて最新の模擬試験や問題演習に取り組むことが重要になります。新傾向の問題はまだサンプルが少ないので、各種の模試や演習に積極的に参加して、そのような問題に触れる機会を増やしましょう。(代々木ゼミナール提供)