コロナ患者を運ぶタクシー運転手 風評不安、家族と離れ

有料会員記事新型コロナウイルス

小林圭
[PR]

 新型コロナウイルスの感染急拡大に対応するため、名古屋市は感染者の入院や転院に昨年12月16日から民間の介護タクシーを導入した。「誰かがやらないかん」と担う運転手たちだが、風評被害への不安から家族と離れ、アパートを借りて共同生活を送る。

 同県瀬戸市のアパート一室。2DKの部屋で2人の運転手が暮らす。そのうちの一人、介護タクシー業を営む迫田塁さん(43)=同県春日井市=は家に妻(35)、長男(6)、長女(1)を残してきた。

 12月の夜、アパートで待機中の迫田さんのスマートフォンが鳴った。名古屋市担当者から「感染者を搬送してほしい」との依頼だ。

 感染者の自宅住所と搬送先の…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]