[PR]

 放送倫理・番組向上機構(BPO)の放送倫理検証委員会(神田安積委員長)は18日、フジテレビ系のバラエティー番組「超逆境クイズバトル!!99人の壁」が解答権のないエキストラを出演させていた問題で、「放送倫理違反があった」との意見書をホームページ上で公表した。

 同番組は当初、オーディションで100人を選び、その中の1人が他の99人と早押しクイズで勝負するというコンセプトだった。

 しかしオーディション合格者が収録に欠席し、解答者が足りなくなる事態が常態化。意見書によると、レギュラー放送初回の2018年10月から19年10月までに放送された計25回で、のべ406人がエキストラで補充された。最も多い時には1回の収録で28人の補充があったという。

拡大する写真・図版フジテレビ社屋=朝日新聞社ヘリから

 制作陣は系列局にも協力を仰ぎ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら