コロナ対策「遅い!」のヤジ 守勢目立った菅首相の演説

有料会員記事

河合達郎
【動画】ザ解説 コロナ特措法改正 3つのポイント
[PR]

 通常国会がスタートし、菅義偉首相施政方針演説に臨んだ。新型コロナウイルス対応で国民生活に制約を強いることを陳謝。政権発足から間もない昨年10月の国会演説に比べ、守勢が目立った。今秋に自民党総裁や衆院議員の任期満了を控え、首相にとってこの国会は正念場となる。

 首相が演説で「緊急事態宣言を発出しました。効果的な対象に徹底的な対策を行っております」と述べると、衆院本会議場では「遅い!」とヤジが飛んだ。

 首相は淡々と原稿を読み上げたが、演説の内容を、昨年10月の所信表明演説と比べると、コロナ対策で苦境に追い込まれている現状が浮かび上がる。

 所信表明では「爆発的な感染は絶対に防ぎ、国民の命と健康を守り抜く」と約束すると同時に、「社会経済活動を再開し、経済を回復していく」と訴えた。肝いりの消費喚起策「Go To キャンペーン」を押し出し、飲食業などを応援する考えを示していた。

 この日の施政方針では、首相は緊急事態宣言を再び出すことになったことを「大変申し訳なく思う」と陳謝。応援していたはずの飲食店については、「若者の外出や飲食により感染を広げている現実がある」と指摘。「Go To」の言葉も消えた。

 一方で、首相は「希望」とい…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら