[PR]

 菅義偉首相は18日夜、2月末を見込む新型コロナウイルスのワクチンの国内での接種に向けた準備を進めるため、河野太郎行政改革相に政府全体の調整を図るよう指示した。首相官邸で記者団に語った。関係者によると、河野氏はワクチンの担当相となる。

 首相は「全体の調整を河野大臣に指示した。みなさんに安全で有効なワクチンがお届け出来るよう、全力で取り組んでいきたい」と述べた。

 首相はワクチンについて「感染対策の決め手」と強調。接種の準備について「これまでは官邸チームにより、それぞれの各大臣の下で行ってきた。今回、態勢を強化する」と説明した。河野氏を選んだ理由については「規制改革担当大臣として、それぞれ役所にわたる問題について解決してきた」と語った。