[PR]

 大学入学共通テストの受験生が鼻を出したままマスクを着用し続け、監督者の注意に従わなかったため成績が無効になる事態が16日に起きた。関係者によると受験生は40代男性で、試験会場からの退去を拒み、他の受験生は別室に移動して試験を受けたという。

 大学入試センターによると、この受験生は16日、東京都内の会場で地理歴史・公民、国語、外国語を受験。複数の監督者からマスクで鼻まで覆うように6回にわたり注意を受けたが指示に従わず、不正行為と認定され、成績が無効になった。

 文部科学省の説明では、不正行為と認定されて別室への移動を求められた後も、「これが自分の正しいマスクの着用である」「不正行為の指示はおかしい」などと退去に応じず、他の受験生は英語(リスニング)の開始前に別室に移ることを余儀なくされた。

 関係者によると、男性はその後、大学内のトイレから出てこなかったため、通報を受けて駆けつけた警察官が連れて行った。

 同じ会場で受験した男性(18)は朝日新聞の取材に「(監督者が)休憩時間のたびに注意をして、言い争いになっている状態だった。ずっとそれが目に入って、気が散ってしまった。鼻までマスクで覆うのは相当苦しかったけど、それがルールなら仕方ないと思う」と話した。

 文科省は18日、鼻と口の両方を確実に覆うのが正しいマスクの着用法であり、受験生にも事前に周知していたとして、「監督者の対応は適切なものであったと考えています」とするコメントを発表した。

 センターは新型コロナウイルスの感染防止策として「受験上の注意」などで、昼食時を除き常時マスクを正しく着用するよう受験生に求めている。明らかに激しいせきをしている場合など他の受験生に迷惑がかかると監督者が判断した場合は、別室に移動させたり追試験にまわってもらったりするとも明記されている。

 共通テストは、大学入試センター試験に代わり今回が初めての実施。1月30、31日にコロナ禍で授業が遅れた生徒などが対象となる第2日程が予定されている。(宮崎亮、阿部朋美、鎌田悠)