エレガントな新種アンモナイト らせん形の「異常巻き」

戸田拓
【動画】その名も「エゾセラス・エレガンス」 新種アンモナイト化石発見=戸田拓撮影
[PR]

 北海道羽幌町の約8700万年前の地層から見つかったアンモナイトの化石が新種だったと、三笠市立博物館が1日発行の日本古生物学会欧文誌「パレオントロジカル・リサーチ」で発表した。道内で1977年に発見されたアンモナイトの仲間エゾセラス属の44年ぶりの新種といい、らせん状に巻いた殻の優美な形状にちなみ「エゾセラス・エレガンス」と命名された。

 古代生物アンモナイトはタコやイカ、オウムガイなどの仲間。4億年前ごろに現れて世界中の海で栄え、6500万年前ごろに絶滅したとされる。一般的なアンモナイトの殻は蚊取り線香のように平たく渦を巻くが、立体的に殻を伸ばす「異常巻き」という種類もある。そのひとつで殻が円錐(えんすい)形に渦を巻くようなエゾセラス属は、北海道だけで見つかっている。

 新種の化石は、北海道北部の日本海に面した羽幌町の山中の白亜紀後期の地層で、三笠市立博物館の研究員らが発見した。相場大佑・主任研究員によると、殻の各段の間隔が開いていて、各段の下部に特徴的な突起があることから新種と判断した。殻は大きいもので長さ12センチほど。77年に見つかった2種の間の時代に生息していたとみられる。「異常巻きアンモナイトの進化の過程がはっきりした。なぜこういった形に進化したのか、北海道でエゾセラス属のような異常巻きアンモナイトの固有種が多い理由はなぜか、今後の研究で明らかにしていきたい」と話す。

 新種の化石は2月2日から同館で展示される。(戸田拓)