コロナ禍でも「地価上がった」 中国、加速する経済回復

有料会員記事新型コロナウイルス

北京=西山明宏
[PR]

 中国国家統計局が18日に発表した2020年の国内総生産(GDP、速報値)は、物価変動の影響を除く実質成長率が前年比2・3%だった。新型コロナウイルスの影響で、文化大革命の混乱にあった1976年以来44年ぶりの低い伸びとなった。それでも、主要国では唯一のプラス成長になったとみられ、足元では回復が加速している。

 中国政府は新型コロナの感染拡大を厳しく抑え込むことで経済活動を再開。20年1~3月期の成長率は前年同期比マイナス6・8%に落ち込んだが、10~12月期は同6・5%にまで回復した。

 経済を牽引(けんいん)したのは、企業の工場やインフラ、不動産などへの投資だ。通年では、建物や工場などの固定資産投資は前年比2・9%増。不動産開発投資も7・0%増だった。

 鉱工業生産も同2・8%増となり、民間企業を中心に経済活動は平時の姿を取り戻しつつある。新型コロナで巣ごもり関連の需要が増えてパソコンやマスクの輸出が伸び、輸出額が前年から3・6%増の過去最高を記録したことも回復を後押しした。

 プラス成長だったとはいえ、19年の成長率(6・0%)からは3・7ポイント低下。18年から3年連続で成長は鈍化した。中国政府は20年までの10年間でGDPを2倍にする国家目標を立てたが、未達になったとみられる。中国でも新型コロナの感染拡大は完全には収まっておらず、市民生活は元の姿を取り戻したとはいいがたい。

 GDPの4割弱を占める消費では、小売総額が前年から3・9%減った。化粧品や食品、通信機器などは好調だったが、外出や大人数での食事が敬遠された影響から飲食店での消費額は前年より16・6%減った。(北京=西山明宏)

進む「新インフラ」整備

 北京市中心部から車で30分ほど東に走った場所にある、同市通州区のベッドタウン。大きな運河の近くの広大な土地で、不動産開発が進んでいる。

 副都心をつくる計画の一環。新しいオフィスビルの建設現場が何カ所もあり、周辺では新たなマンションの建設も進む。区内にはテーマパーク「ユニバーサル・北京・リゾート」が今年開業予定だ。市内の不動産会社社長は「以前はあまり人気がない地域だったが、いまは数年前に比べて地価が跳ね上がった」と話す。

 中国では新型コロナ対策とし…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]