仏版ミシュラン、苦境の業界救いたい 覆面調査員が結集

有料会員記事

疋田多揚
[PR]

 コロナ禍で飲食店が閉鎖されているフランスで、星の数でレストランを格付けするミシュランガイド2021年フランス版が18日、発表された。2度の外出禁止令が課された昨年、フランスの飲食店が開業できたのはわずか半年ほど。ガイド発行の是非も問われたが、苦境の業界を救うとのメッセージを込めた。

 各国で出版されるガイドの総責任者グウェンダル・プレネックさんはユーチューブでの発表で「シェフが店を閉めたり再開したりする中で奮闘しているのに、白紙のガイドを出すわけにはいかなかった」と発行に踏み切った理由を説明。飲食店の営業が認められていた昨夏、欧州やアジアなど世界に散らばる覆面調査員をフランスに呼び寄せて集中的に調査させたという。

 世界各地で行われる調査で評価基準にばらつきがでないよう、調査員は普段から担当国だけでなく複数の国を行き来して訓練を積んでいるという。プレネックさんは、各地の調査員がフランスに集まった今年も、星の価値は例年と同じだと強調した。

 21年版では最高位の三つ星…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら