[PR]

 千葉県野田市で2019年1月、小学4年の栗原心愛(みあ)さん(当時10)を虐待して死亡させたとして傷害致死罪などに問われた父親の勇一郎被告(43)の控訴審第1回公判が19日、東京高裁であった。弁護側は、懲役16年とした一審・千葉地裁判決について「量刑不当」などと訴え、検察側は控訴棄却を求めた。即日結審し、判決は3月4日。

 被告は一審の裁判員裁判で、暴行内容の大半を否認した。だが、地裁は食事を与えず冷水を浴びせ続けたなどと認め、「尋常では考えられない凄惨(せいさん)な虐待。(被害者の)人格と尊厳を全否定した」と指摘した。

 事件をめぐっては、心愛さんが小学校のアンケートで「お父さんにぼう力を受けています」と訴えたが、野田市教育委員会はコピーを被告に渡していた。一時保護を解除した県柏児童相談所の対応も問題視された。(小木雄太、根津弥)