[PR]

 大リーガーが子どもたちに伝授したのは、ブリッジと壁倒立だった。

 レイズの筒香嘉智(29)が今でも毎日取り組んでいるという運動の一部だ。野球の技術ではなく、エクササイズを教えたのは、自身の体験からだった。

 16日にあった「児童向けエクササイズ体験会」。和歌山県橋本市の子どもたちが対象で、新型コロナウイルス感染拡大のため、オンラインで開かれた。

 画面の向こうで子どもたちがブリッジを試していると、同市出身の筒香が軽々とお手本を見せた。「できれば、力を使わずにできるようになってみよう。体重が軽く感じるかが大事」。壁倒立も実演して見せながら「手の正しい位置に体が乗ると、楽になる。背中も壁についてくる」と助言した。

原点は中学時代のけが

 筒香自身は中学野球を過ごした堺ビッグボーイズ(大阪府河内長野市)で、本格的なエクササイズを始めた。「ケガで1年弱も、野球をしていない期間があった。そこでエクササイズに出会うことができた」と振り返る。

 当初はバランスボード上でのお…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら