池袋暴走、遺族が賠償求め提訴「加害者に直接聞きたい」

有料会員記事

新屋絵理、河崎優子
[PR]

 東京・池袋で2019年、暴走した車により母子が死亡したほか9人が重軽傷を負った事故で、妻と長女を失った松永拓也さん(34)らが19日に都内で会見し、車を運転していた旧通産省工業技術院元院長・飯塚幸三被告(89)=自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)罪で公判中=などを相手に損害賠償を求める民事訴訟を起こしたことを明らかにした。第1回口頭弁論は2月9日。

 提訴は初公判があった昨年10月8日付。無罪を主張する飯塚被告の刑事裁判が長引く可能性を見越して提訴したという。松永さんは会見で「何が起きたのかを加害者に直接聞きたい。否認する権利は尊重するが、遺族としては本当に残念で悔しくつらい」と話した。

 また松永さんは、交通事故被…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら