「コロナで死亡」とデマ、来店客9割減 個人情報が仇に

有料会員記事

編集委員・伊藤智章
[PR]

 「なぜ被害者がこんな努力をしなきゃいけないのか」。愛知県瀬戸市で運動具店を経営する加藤徳太郎さん(71)は、いまも納得できない。昨年4月、「新型コロナウイルスに感染して死亡した」といううわさをたてられた。新聞折り込みチラシを2千枚まいて否定したが、費用は自分持ち。店の売り上げも戻らない。

 始まりは昨年4月10日ごろ。地域のサッカークラブのコーチが店を訪れ、「感染したとうわさされているよ」と教えられた。子どものSNSを通して広がっていた。

役所発表の「60代男性」と誤解され…

 加藤さんの店で孫のドッジボールを買った女性は、わざわざ「安全」を確かめにきた。保健所や市に尋ねたが、「個人情報」として教えてもらえなかったという。

 そのうち「防護服の人が消毒…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら