「何が間違っていたのか」 チェン、北京五輪への思い

有料会員記事

吉永岳央
[PR]

 優勝しても表情を曇らせる。そのあたりに、次の五輪に対するネーサン・チェン(米)の思いが透けるようだった。

 米ラスベガスであったフィギュアスケートの全米選手権、男子シングル。ショートプログラム(SP)1位に続き、17日のフリーも1位だった。合計322・28点。2018年平昌五輪で5位に沈んだのを最後に、実に12戦連続となる優勝だった。単純比較はできないが、羽生結弦(ANA)が昨年12月の全日本選手権で優勝した時のスコア(319・36点)も上回ってみせた。

毎週水曜日にフィギュアスケートにまつわる話題をお届けします.

 だが、フリーの演技を終えたチェンは両手をひざに置き、首をかしげた。AP通信が、21歳のこんなコメントを伝えている。

 「今日は少し臆病になってい…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

フィギュアスケート特集

フィギュアスケート特集

女子は若手の台頭が目立った今季のフィギュアスケートを振り返ります[記事一覧へ]