[PR]

 大阪府は19日、新型コロナウイルスの感染者が新たに525人、70代~90代の死者が計13人確認されたと発表した。感染者は延べ3万9117人、死者は765人になった。

 府によると、入院中の軽症・中等症患者は1019人、重症患者は179人だった。府が確保している病床の使用率はそれぞれ74・1%と75・8%だった。

 大阪狭山市の医療機関で11人、枚方市、吹田市と大阪市の高齢者施設で計32人、羽曳野市の団体で11人、寝屋川市の企業の事業所で6人の感染が判明した。府はいずれもクラスター(集団感染)が起きたとみて調べている。