[PR]

 埼玉県神川町の畑から梨を盗んだとして、県警は19日、いずれも群馬県伊勢崎市の元技能実習生でベトナム国籍のグエン・ヒュー・トー(28、男)とドー・ティ・ハオ(38、女)=いずれも出入国管理法違反(不法残留)罪で起訴=の両容疑者を窃盗容疑で再逮捕し、発表した。調べに対し、トー容疑者は「今は言えません」、ハオ容疑者は「トー容疑者に誘われて梨畑に行って盗みをした」と述べているという。

 捜査3課によると、逮捕容疑は昨年9月4~5日、何者かと共謀して神川町植竹の畑から梨182個(7万2800円相当)を盗んだというもの。ハオ容疑者は、トー容疑者が運転する車で別のベトナム人の男2人とともに現場に向かい、自分と男2人で梨を盗んだと話しているという。

 埼玉県や北関東では、果樹の窃盗被害が相次いでいる。埼玉県内では昨年8月以降、神川町など3市町で少なくとも梨計5500個(計約138万円相当)や、別の市町でもブドウやイチゴの盗難被害が確認されており、関連を調べる。