[PR]

 長野県軽井沢町で2016年1月、大学生ら15人が死亡し26人が負傷したスキーバス転落事故で、長野地検は運行会社「イーエスピー」(東京都羽村市)の社長(59)と当時運行管理者だった元社員(52)を業務上過失致死傷罪で週内にも在宅起訴する方針を固め、上級庁と最終調整を始めた。19日、捜査関係者への取材でわかった。地検は、2人のずさんな安全管理が事故を招いたと判断した。

 県警は17年6月、2人を同容疑で書類送検していた。今月には事故から5年を迎えており、起訴は捜査の大きな節目となる。

 事故は16年1月15日未明に発生。同町の国道でバスがカーブを曲がりきれずに約4メートルの崖下に転落し、大学生13人が死亡するなどした。捜査関係者によると、元社員は死亡した男性運転手(当時65)の技量を適切に把握しなかったなど安全管理の義務を怠り、社長は元社員のずさんな管理を知っていたにもかかわらず、適切な指導や監督を怠ったとされる。

 同社で安全管理の責任者だった…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら