[PR]

 【神奈川】相模原市は、市内の中小店舗でスマートフォン決済の「PayPay」「au PAY」を利用した際に、最大25%をポイント還元するキャンペーンを21日に始める。新型コロナで落ち込む経済の活性化が目的で、非接触型決済で感染予防にもなるとしている。2月28日までで、同市民以外でも利用できる。

 PayPayは約3700店が参加し、期間中はアプリの地図に対象店舗が表示される。au PAYは約1900店が参加し、アプリで近隣の対象店舗リストが表示されるという。スマートフォンがある人は、アプリをダウンロードして支払い方法などを設定すれば、誰でも利用できる。

 利用者は買い物や飲食の代金をスマホで決済すると、後日、金額の25%がポイントで還元される。付与されるポイントは1回につき2千円分までで、月ごとに計3900円分まで。二つのアプリを併用し、1月と2月に上限まで利用すると、最大で計1万5600円分が付与される。ポイントは全国の店舗で無期限で使える。

 予算額は約5億6千万円。コロナ対応で自治体向けに国が出す地方創生臨時交付金を充てる。問い合わせは市の新型コロナ暮らし・経済支援ダイヤル(042・851・3193、平日午前8時半~午後5時)へ。(岩堀滋

関連ニュース