簡単にはなおせない?球場名変わってもナゴドが残るわけ

渋谷正章
[PR]

 変わっても、変えません――。プロ野球・中日ドラゴンズの本拠、ナゴヤドーム(名古屋市東区)の名前が、医薬品製造などを手がける興和(本社・同市中区)との命名権契約(2025年12月末まで)で元日から「バンテリンドーム ナゴヤ」に変わった。しかし、近くの駅や商業施設は今も「ナゴヤドーム」を使っている。そのわけは?

 名古屋市営地下鉄と、ゆとりーとラインのドーム最寄り駅は、従来通り「ナゴヤドーム前矢田(やだ)」だ。

 地下鉄を運営する市交通局は「全国の交通系ICカードを引き続き使えるようにするには、駅名変更の2年前から手続きが必要。表示変更に費用もかかり、駅名は変えません」。ただ、ゆとりーとラインを運営する名古屋ガイドウェイバス(本社・同市守山区)は「ドームの利用客が迷わないよう、駅構内にある案内図などはできる限り『バンテリンドーム』に変える方向」という。

 ナゴヤドームに隣接する「イオンモールナゴヤドーム前」も名前を変えていない。06年の開業以来、ドームの利用客や周辺住民に親しまれ、「ナゴヤドーム前として認知して頂いている」(イオンモール広報部)。

 「ナゴヤドーム南」など、周辺にある市道交差点名の標識も、当面は現状維持という。市道路維持課は「バンテリンドームの名前が長い間使われ、地元から変更の要望が出るなどすれば、対応したい」とする。

 ドームはファンから「ナゴド」などの愛称で親しまれてきた。今年からどうなるか。ネット上には「バンドー」や、バンテリンの英文字表記をとって「Vドーム」などの案が出る。

 ドームを運営する株式会社ナゴヤドームの企画・広報部は「施設の名称については、それぞれの判断にお任せしています」。ドームでは3月6日の中日―楽天戦から始まるプロ野球オープン戦に向け、正面に設けられた「ナゴヤドーム」の看板は今月25日から掛け替えを始めるという。(渋谷正章)

     ◇

 〈球場名と駅名〉 命名権契約により球場名が変わったことで、駅名も変更されたのが、大阪市営地下鉄(現・大阪メトロ)の「ドーム前千代崎」駅。当初は「大阪ドーム前千代崎」だったが、京セラ命名権を獲得したことを受け、2006年、現駅名になった。西武鉄道の「西武球場前」駅は、1999年に球場が完全な屋根付きとなり、命名権契約で球場名も「インボイス」「グッドウィル」「メットライフ」などと再三変わったが、駅名は変わっていない。