[PR]

 「体が言うことを聞かなくなってきて、もう本当に限界だな、と自分で思います。やり残したことは、あんまりありません」。77歳になったシンガー・ソングライターの小椋佳さんが、ラストアルバムとして位置づける「もういいかい」が20日に発売された。同時発売のアルバム「まあだだよ」で小椋が歌を託したのは、40歳以上年の離れた歌い手・林部智史だ。

拡大する写真・図版小椋佳さん(右)と林部智史さん=篠田英美撮影

 「愛燦燦(さんさん)」「シクラメンのかほり」「夢芝居」「山河」……。1971年のデビュー以来、日本を代表するヒットメーカーとして数多くの楽曲を世に送り出してきた。デビューから半世紀を迎えた今年、ラストアルバムとラストツアーをおこない、第一線から身を引く決断をした。

 「黒澤明監督の遺作が『まあだだよ』だったから、僕の遺作になるアルバムは『もういいかい』にしようかな」。全13曲。装飾やギミックをそぎ落とし、ユーモアを交えながら自らの老いや死、人生観をこれでもかとさらけ出し、落とし込んだ詞世界は、聴く者が思わず背筋を伸ばすような凄(すご)みに満ちている。

 「自分で言うのは残念だけど、…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら