「テレビ出ないで」コロナ情報発信の医師が中傷ビラ被害

新型コロナウイルス

平賀拓史
[PR]

 テレビ番組やSNSで新型コロナに関する発言を続ける倉持仁医師(48)が院長を務めるインターパーク倉持呼吸器内科(宇都宮市)に、カッターナイフの刃が送りつけられたり、中傷のビラが貼られたりする被害があった。相談を受けた栃木県警宇都宮南署が脅迫などの容疑も視野に入れて捜査している。

 倉持院長によると、14日にカッターナイフの刃が入った封筒が病院あてに届いた。17日朝にも敷地内の3カ所に「コロナが拡大したのはテレビに出たため。責任をとって」などと書かれた貼り紙が見つかった。

 倉持院長は、国や行政にPCR検査の拡充や十分な医療体制の確保を求めてきた。院長は「職員も私もコロナ対応で忙しい。邪魔をしないでほしい。感染を防ぐために必要なことを広めようとしているだけだ」と憤った。(平賀拓史)

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]