[PR]

 埼玉県美里町で昨年9月、けがをした生後3カ月の女児を放置して死亡させたとして、県警は20日、いずれも無職で父親の金井裕喜(29)、母親のあずさ(28)の両容疑者=同町関=を保護責任者遺棄致死の疑いで逮捕し、発表した。

 県警によると、調べに2人とも容疑を認め、裕喜容疑者は「私がけがをさせたことに間違いありません。虐待で捕まるのが嫌で病院に連れていかず、そのままの状態にしました」、あずさ容疑者は「病院に連れていかないといけないと思ったが夫に拒否され、従ってしまった」などと供述しているという。

 捜査関係者などによると、死亡したのは2人の四女の喜空(きあ)ちゃん。裕喜容疑者はこれまでの県警の任意の調べに対し「外で抱きかかえているときに転んでぶつけたり、ミルクの飲みが悪く口に強く哺乳瓶を入れたりしたことがあった」などと説明し、「痛がる様子がなく、病院に連れて行かなかった」などと述べていたという。

 喜空ちゃんは昨年8月ごろにあごの骨折や口内の傷などのけがを負ったが、2人は喜空ちゃんがけがの影響で同月下旬ごろから哺乳が難しくなり体重が増えず低栄養状態にあったのに、適切な治療などを受けさせずに死亡させた疑いがある。死因は低栄養で免疫力が低下したことで生じた菌血症などに起因する「全身機能障害」とされた。あごの骨や肋骨(ろっこつ)が折れ、ひざや腹に複数の打撲の痕があったという。

 昨年9月11日午前1時10分ごろ、あずさ容疑者が「子どもの具合が悪い」などと同町の自宅から119番通報。喜空ちゃんは心肺停止状態で同県深谷市内の病院に救急搬送され、間もなく死亡が確認された。同日午前3時40分ごろ、病院から県警に連絡があり、発覚した。

 あずさ容疑者は到着した消防隊…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら