第13回「信念」で官僚も反対できた小泉政権 安倍官邸は一転

有料会員記事

【動画】安倍政権とはなんだったのか――。7年8カ月に及ぶ「最長政権」の権力の源泉が、人事権をフル活用した官僚の統治でした。その内幕を長期連載でひもときます。

 「長期政権」「官邸主導」で共通する小泉政権安倍政権。その違いは何だったか。小泉政権で官房長官だった福田康夫元首相が安倍首相に伝えていた1強官邸への懸念とは。

[PR]

「未完の最長政権」第1部第13回

 第2次安倍政権と同じように首相官邸主導の政治を進め、長期政権を築いた小泉政権。指摘される大きな違いは「人事」のあり方だ。小泉政権下でも、すでに官房長官や副長官らが、各省庁の局長以上の人事を審査する人事検討会議はあったが、「省庁が上げた人事を退けた記憶はない」(当時の官邸スタッフ)という。

 実際、小泉政権で事務次官を務めた男性は、自らが示した省内の人事に「官邸が異論を挟むことはなかった」と話す。自身の部下が取り組んだ大型プロジェクトで、官邸側と意見が合わないこともあったが、その部下が人事で不遇をかこつことはなかった。この元次官は言う。「官僚は政策の選択肢について優先順位をつけて政治の側に提示する。その上で政治家が決断してくれれば我々の士気は高まる。人事にまで政治が手を出すと陰湿になり、士気は下がる」

プレミアムA「未完の最長政権」

「1強」と呼ばれた安倍政権は、強い官邸をめざした改革の到達点だった。しかし、それは後手に回ったコロナ対応の遠因にもなった。安倍政権の内実に迫る長期連載が始まりました。

 小泉政権でも官邸の方針に反…

この記事は有料会員記事です。残り670文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

連載未完の最長政権-安倍政権から菅政権へ(全19回)

この連載の一覧を見る