[PR]

 新型コロナウイルスのワクチンについて、政府が接種の対象者を当面、16歳以上とする方向で検討していることがわかった。米製薬大手ファイザーとドイツのバイオ企業ビオンテックが承認申請しているワクチンの臨床試験(治験)で16歳未満のデータがそろっていないためという。

 ファイザー社のワクチンは月内に治験の追加データの提出を受け、有効性と安全性が確認されれば、2月中に承認される可能性がある。すでに米国や英国、EUなどで16歳以上の緊急使用が認められている。

 ワクチンの費用は国が負担し、希望者は無料で接種できる。日本で承認されれば、2月下旬に医療従事者から接種を始めたい考え。このうち、まず同意を得られた約1万人に接種する。接種後に一定期間、健康状態を報告してもらい、副反応などの情報を集める。国立病院機構や地域医療機能推進機構、労働者健康安全機構の傘下の複数の病院を選び、希望者を募る。

 3月以降には65歳以上の高齢者、持病のある人、高齢者施設の職員の順番で接種する。一般の人への接種は5月の開始をめざして準備を始めている自治体もある。厚生労働省は取材に対し、「まだ時期は決まっていない」としている。(姫野直行)