検査できなくなるかも…テレビ出演の医師「国は学ばず」

有料会員記事新型コロナウイルス

聞き手 編集委員・辻外記子

拡大する写真・図版オンラインで取材に答える倉持仁・インターパーク倉持呼吸器内科院長=19日

[PR]

 宇都宮市にあるインターパーク倉持呼吸器内科の倉持仁(じん)院長は、新型コロナウイルス感染症の患者が急増した現状をテレビ番組やSNSで発信してきました。すぐには入院ができなくなっている状況や今後の課題について19日にオンラインで聞きました。

 ――栃木県内では、入院調整中で自宅療養する患者が18日に962人に上りました。入院ができない患者さんもいますか。

 80歳と高齢なのに自宅療養、肺炎症状があり酸素吸入が必要なのに自宅待機という患者さんは珍しくありません。

 「とりあえず待って」と保健所から言われてしまう。近頃、保健所から「自宅療養の患者の状態が悪くなったので診察してください」と頼まれることが増えています。

 1月初旬には、50代男性の陽性者2人が肺炎になり悪化した、と受診されました。年末に陽性がわかり、自宅で療養中でした。

 酸素飽和度が1人は85、もう1人は90弱。2人とも入院すべき状態でした。

 ただ、「1ベッドしかない…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]