[PR]

 大阪市の松井一郎市長は20日、新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえ、今夏に予定される東京五輪・パラリンピックを2024年に後ろ倒しにするべきだとの考えを示した。記者団に「コロナ後にみんなが喜べる、祝えるオリンピックにするためにも、東京は24年の開催を目指し、IOC(国際オリンピック委員会)と交渉すべきだ」と語った。

 松井氏は「最悪なのは中止だ」と強調。「(コロナ感染という)未曽有の事態で、2024年を予定するパリも準備は厳しくなっていると思う。日本でも今年の夏までに、すべてワクチンを接種するのは不可能だ」と述べ、東京とパリのいずれの大会も4年ずつ後ろ倒しにするべきだとした。