[PR]

 中国の国家衛生健康委員会は20日、2月の旧正月「春節」に故郷の農村地方へ戻る人に、7日以内の新型コロナウイルスの陰性証明を義務づけると明らかにした。今年の春節期間(1月28日~3月8日)に帰省などで交通機関で移動する人は、延べ17億人と予測されている。

 中国では、今年に入って河北省や黒竜江省などで新たな市中感染の拡大がみられ、各地で住民全員のPCR検査が展開されている。約1千人の感染者が確認された河北省の石家荘市で約1千万人、約400人の感染がわかった黒竜江省綏化市で約310万人に上る。北京市では20日、英国で報告された新型コロナの変異ウイルスの感染者が確認されて警戒が強まっている。

 同委員会は現状について「感染拡大の範囲が広く速度が速い。さらに春節が近づき、人の動きや結婚式などの集まりが増えれば、拡大の速度がさらに上がってしまう」と指摘。農村地方にまで住民全員のPCR検査ができる体制を整えたとし、春節期間に帰省したい人は7日以内に必ず自ら検査を受けるよう求めた。(瀋陽=平井良和)