コンビニ売上高、初めて減少 「20年代問題」身構える

有料会員記事

中島嘉克
[PR]

 国内のコンビニ売上高が減少に転じた。昨年の全店売上高は前年より4・5%少ない10兆6608億円だった。前年を下回るのは、比較できる2005年以降では初めて。コロナ禍が響き、オフィス街や観光地の店を中心に振るわなかった。業界は「2020年代問題」に身構える。

 日本フランチャイズチェーン協会が20日、セブン―イレブン、ファミリーマートローソンの大手3社を含む主要7社のデータを集計して発表した。

 コロナ下のまとめ買いで来店客1人あたりの売上高は6・4%増えたが、客数は10・2%減。月ごとの売上高は昨年3月以降、前年割れが続いた。

 店の数は、実態としてはほぼ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。