3年ぶりの実家、気づいた異変 窓ガラスに目をやった

有料会員記事

飯島啓史
[PR]

 異変に気付いたのは昨年11月の晴れた日だった。遠藤陽子さん(70)は東京電力福島第一原発から7キロほど離れた福島県富岡町の実家を息子と3年ぶりに訪れると、室内で風を感じた。

 住宅街にある2階建て一軒家。2001年に新築した。しかし、原発事故後は帰還困難区域に指定され、手入れができず、庭の木は雑木林のように2メートル以上伸び、室内にはネズミのフンが散らばる。

 この日、玄関を開けると棚やタンスが倒され、中身が床にばらまかれていることに気付いた。

 戸惑いながら入った居間では…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら