6本足が生えた?珍しい大根 育てた87歳も初体験

高田純一
[PR]

 和歌山県橋本市高野口町名倉の朝本好哉(よしちか)さん(87)の畑で、6本の足が生えたような形の大根が収穫された。定年退職後に始めた家庭菜園で大根を作っている。2本足は例年数本採れるが、6本足は初めてで驚いたという。

 大根は長さ26センチ、直径14センチ、重さ1・4キロ。好哉さんが「縁起が良さそう。手を重ねて絡めているようにも見える」と言うと、妻の寿実子(とみこ)さん(83)は「6本だからむつまじいってことかしら」と笑った。(高田純一)