[PR]

 【岡山】20日、県内で30人の新型コロナウイルス感染が発表された。内訳は岡山市16人、倉敷市8人、玉野市と瀬戸内市が各2人、総社市と新見市が各1人。県内の感染者は延べ2154人となった。

 瀬戸内市の2人のうち、90歳以上の男性はクラスター(感染者集団)が発生した瀬戸内記念病院(同市長船町)の入院患者。岡山市も同病院職員3人の感染を発表しており、クラスターは計12人となった。新見市の10代男性は共生高校の生徒で、同校のクラスターは計14人となった。総社市と瀬戸内市の各1人は感染経路が分かっていない。

 倉敷市の8人のうち5人が感染経路不明。8人中2人は市内の高齢者福祉施設の利用者で、この施設で起きたクラスターは計13人となった。岡山市は16人のうち5人が感染経路不明で、うち1人は肺炎などの中等症という。

関連ニュース