[PR]

 北海道の翼「エア・ドゥ」(札幌市)の初号機が20日、ラストフライトを迎えた。新千歳空港では、航空ファンや関係者が見送るなか羽田へ飛び立ち、22年間におよぶ運航を終えた。今後数年間の運航も想定されていたが、コロナ禍で旅客需要が激減し、コスト削減のためラストフライトが早まったという。今後、米国で売却される予定。

 初号機は機番「JA98AD」のボーイング767―300ER型機(286席)。1998年12月20日に新千歳―羽田間に就航した。総飛行時間は約6万119時間、総飛行距離は地球約1079周分に相当する約4400万キロ。

 ラストフライトには航空ファンら129人が搭乗し、出発前に草野晋社長が「エア・ドゥを支え続けてくれた、社員にとって思い入れのある飛行機。22年間、応援をありがとうございました」とあいさつした。

 初号機就航と同年に入社し初就航にも立ち会った、千歳空港支店運送サービスグループ主席の古田美和さん(47)は「22年間、一緒に歩んできた。感謝の気持ちでいっぱいです」と涙をぬぐいながら見送った。(志田修二)