[PR]

 ジョー・バイデン前米副大統領(78)が20日正午(日本時間21日午前2時)、第46代大統領に就任する。ワシントンの連邦議会議事堂で行われる就任式では、米国社会の融和と結束を訴える見通しだ。

 トランプ大統領の支持者が6日に議事堂を襲撃した事件を受け、ワシントンには4年前の3倍以上となる2万5千人の州兵が派遣されるなど、厳戒態勢となっている。複数の米メディアによると、バイデン氏は「米国の結束」をテーマに演説し、「かつてない危機の時代、この国を一つにまとめる必要性を語る」(側近)という。

上下両院と大統領の座を制しても、バイデン政権の運営は楽観視できなさそうです。中国、北朝鮮、イランといった国々との外交やトランプ氏の残す影響について、アメリカ総局の園田耕司記者に聞きました。

 バイデン氏は19日、東部デラウェア州ウィルミントンの自宅を出発し、ワシントンに入った。同日夕にはハリス次期副大統領らと、リンカーン記念堂で開かれた新型コロナウイルスの犠牲者追悼式に出席し、「癒やすためには、思い出す必要がある。思い出すことがつらい時もあるが、国としてそれをすることが重要だ」と語り、亡くなった人たちを忘れないよう求めた。ホワイトハウス前の迎賓館ブレアハウスに宿泊し、20日朝は、妻のジルさんらと近くのカトリック教会セント・マシュー大聖堂で礼拝に参加した。

 バイデン氏は就任式後、地球温…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら