爆笑問題・田中裕二さんがくも膜下出血、脳梗塞 休養へ

[PR]

 お笑いコンビ「爆笑問題」の田中裕二さん(56)が20日、くも膜下出血、脳梗塞(こうそく)と診断され、入院したことを所属事務所のタイタンが公式サイトで発表した。田中さんは20日午前2時ごろ、自宅で頭痛を訴え、救急車で都内の病院に搬送されたという。いまのところ手術などの必要もなく、1週間ほど入院する。大事をとって1カ月ほど休養するという。

 田中裕二さんの所属事務所タイタンの太田光代社長名で発表された「ご報告」は以下の通り。

 平素より大変お世話になっております。

 本日、午前2時ごろ、弊社所属の爆笑問題田中裕二が自宅にて頭痛の為、救急車により都内の病院に搬送されました。

 その後、検査の結果、前大脳動脈解離による、くも膜下出血、脳梗塞(こうそく)と診断されました。

 搬送された病院での処置により、幸い大事に至る事はなく、さらなる検査の結果、今のところ手術等の必要性もなく田中裕二本人も変わりありませんので、入院期間1週間程度の診療計画となりました。しかし、動脈解離が前大脳であるために大事を取って1カ月程度休養させて頂くことと致します。

 いつも応援してくださる皆様、関係者の皆様には、大変ご迷惑とご心配をお掛け致します。

 弊社と致しましても田中裕二の健康を第一に考え、当面の間、担当医と相談の上、活動再開に向けて最善を尽くす所存です。

 大変お騒がせし恐縮ではございますが、何卒、宜しくお願い申し上げます。

令和3年1月20日

株式会社タイタン

代表取締役 太田光