町歩いてゲットだぜ、ポケモンマンホールお目見え 奈良

伊藤誠
[PR]

 楽しみながらまちを歩いてもらおうと、奈良県斑鳩町の5カ所で人気ゲーム「ポケットモンスター」のキャラクターを描いた「ポケモンマンホール『ポケふた』」が設置されることになり、町が20日、同町法隆寺1丁目の法隆寺iセンターでお披露目式をした。

 「ポケふた」は株式会社ポケモン(東京都港区)が無償提供。同社によると2018年12月以降、13都道県で計148枚(斑鳩町含む)が設置され、県内では同町が初という。

 町は今月末までに、JR法隆寺駅から世界遺産法隆寺までの間に設ける。描かれているキャラは、「エンテイ」「ヒノヤコマ、シキジカ」「ブビィ、チリーン」「マダツボミ、ガーディ」「ドータクン、バオッキー」で、すべてオリジナルデザイン。それぞれ、スマートフォンゲーム「ポケモンGO」の「ポケストップ」になる予定だ。

 お披露目式で、中西和夫町長は「町内を訪れた人たちの滞在時間を長くしたい」などと話した。この後、同センター前に「エンテイ」のポケふたが設置された。(伊藤誠)