[PR]

 第164回直木賞が20日、西條奈加さん(56)の「心淋(うらさび)し川」(集英社)に決まった。アイドルグループ「NEWS」のメンバー加藤シゲアキさんを含め、全員が初の候補入りとなるのは25年ぶり。選考の経緯について、選考委員の北方謙三さんが講評した。

 9人の選考委員がまず、候補6作について「○」「△」「×」の三段階で投票した。最初の投票で残ったのは、加藤さん「オルタネート」、伊与原新さん「八月の銀の雪」、西條さん「心淋し川」、坂上泉さん「インビジブル」の4作だった。議論を重ねて再び投票した結果、西條さんの受賞が「圧倒的な票数で決まった」という。

 西條さんの作品については「欠点がないところが欠点」という声もあったほど、「完成度が高くて、一つの世界をつくっているのが評価された」という。江戸時代の長屋が舞台だが、「人間関係が時代を超えて普遍的になっている」という評価だった。

 「惜しかった」候補として北方さんが挙げたのは、坂上さんと加藤さんだった。

北方さんは「推した」、他の委員の評価は?

 坂上さんの「インビジブル」は…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら