[PR]

 福岡市の商業施設で昨年8月、女性(21)が刺殺された事件で、鹿児島家裁が殺人などの非行内容で送致された少年(15)を鹿児島地検に検察官送致(逆送)する決定を出したことを受け、女性の遺族が20日、福岡市内で初めて記者会見を開いた。母親は決定について「当然のこと。(刑事裁判で)真実を知りたい」と語った。

 遺族は19日の少年審判を傍聴し、母親と女性の兄が意見陳述した。審判で見た少年は「淡々と落ち着いた様子だった」。謝罪の言葉はなかったという。

 審判で事件の内容を聞き、「恐ろしくなった。大人と同じように裁判を受け、ちゃんと罪を償ってほしい」と話した。審判が終わり、福岡県内の自宅に戻って仏前に手を合わせ、「ひとまず落ち着いたね」と声をかけたという。

 鹿児島地検は今後、鹿児島地裁に起訴するか検討する。事件があった福岡地検に移送する可能性もある。起訴されれば成人と同じく裁判員裁判で裁かれる見通しだ。(横山翼、山野健太郎)