PCR検査の検体を紛失 大阪市、1人分を誤って廃棄か

新型コロナウイルス

[PR]

 大阪市は20日、新型コロナウイルスのPCR検査を行うために採取した1人分の検体を紛失したと発表した。検体採取と検査は同一の委託機関で行っているため、検体が外部に漏出した可能性は低く、誤って廃棄した可能性が高いという。

 市によると、この委託機関では19日に26人分の検体を採取。その検査結果を20日に市保健所に送ったが、25人分しかなく、検体の紛失が判明したという。

新型コロナウイルス最新情報

新型コロナウイルス最新情報

最新ニュースや感染状況、地域別ニュース、予防方法などの生活情報はこちらから。[記事一覧へ]